ネットショップ開業の基礎知識 | ネットショップの開業の方法・仕入れ・経営術を解説

ネットショップ開業の方法

ネットショップを一から作るか、ECサイトに出店するか

ネットショップの開業と聞くと、レンタルサーバーを借りてサイトを作るものだとイメージする人が多いでしょう。

 

しかし、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのECサイト内に店を出すネットショップの形態もあるのです。

 

この両者は共にネットショップですが、費用などの面では大きな違いがあるので、どちらを選ぶかは非常に重要です。

 

ECサイトに出店するメリット

 

ECサイト内に出店する形態の魅力は、特に宣伝などしなくてもある程度の集客が見込める点です。

 

楽天市場にせよYahoo!ショッピングにせよ大手のECサイトには多くの人が集まるので、集客面では期待が持てます。

 

ECサイトのデメリット

 

もっとも、扱う商品によってはライバルの数も非常に多く、値段設定を見誤ると他のネットショップに客が流れていくものです。

 

また、ECサイト内に出店する場合は初期費用、月額費用、販売の際の手数料などがかかります。

 

初期費用や月額費用は無料のところもあるものの、いずれにせよオーナーの負担が大きい点がデメリットです。

 

それでも、実店舗を出すよりは負担は少ないので、集客に自信がないならECサイトに出店するのも手です。

 

レンタルサーバーを借りて自前のサイトを作る場合

 

レンタルサーバーを借りて自前のサイトを作る場合、費用の少なさがメリットとして挙げられます。

 

売上が増えた場合でも手数料による負担はなく、儲けを期待するならサイトを作るのが効果的です。

 

サイト作りの自由度も高いのですが、その分だけハードルも高く、専門的な知識がない人がネットショップを作るのは相当に大変です。

 

また、売上を伸ばすためには積極的に集客する必要があり、SEOの知識なども求められます。

 

安定ならECサイト・大きな売上なら自前のサイト

 

どちらも一長一短なので、何を目的としてネットショップを開業するかで判断するとよいでしょう。

 

お小遣い稼ぎの延長なら、開業までにそれほど手間がかからず安定性のあるECサイトの方が有利です。

 

本気でネットショップに取り組み、大きく売上を伸ばしたいなら自前のサイトを持つのが近道です。

 

一度決めた路線を変更するのは大変なので、最初にしっかりと目標を決めておきたいところです。

法人も利用しているネットショップ開業サービス

ネットショップ開業の方法としてスタンダードなのが、独自サイトの作成です。

 

この独自サイトの作成を楽にしてくれるのが、ネットショップ開業サービスと呼ばれるものです。

 

ネットショップ開業サービスなら必要なシステムがすぐに用意できる

 

ネットショップ開業サービスに申し込めば、ネットショップに必要なシステムがすぐに用意されるのです。

 

ショッピングカート、陳列棚などネットショップに欠かせないものが揃うので、後は商品さえ用意すればすぐに運営を始められます。

 

無料のネットショップ開業サービスだと「BASE」や「STORES」が、有料のものだと「Shopify」や「カラーミーショップ」、「Make Shop」が有名です。

 

独自サイトを作るだけならさほど難しくはありませんが、ネットショップに必要なものを詰め込んでデザインするのはなかなか大変です。

 

それに対して、ネットショップ開業サービスなら最低限の体裁は整っているので、運営しやすい形態と言えるでしょう。

 

それぞれのネットショップ開業サービスによって細かいところは異なってくるのですが、カスタマイズにも対応しているので、デザインを突き詰められるのも魅力です。

 

自分のビジョンにあったネットショップ開業サービスを選ぼう

 

ネットショップ開業サービスを利用しているのは個人だけでなく、法人の存在も珍しくはありません。

 

ネットショップ開業の方法は他にもあるものの、明確なビジョンが見えていない場合にはネットショップ開業サービスを利用するのも手です。

 

ただ、先に記載したところ以外にも幾つもサービスがあるので、どこでネットショップを開業するかは非常に悩むポイントです。

 

独自ドメインに対応しているところ、カスタマイズの面で優れているところ、Yahoo!ショッピングなど他のサイトとの連携に対応しているところ、Tシャツなどの作成販売ができて商品がない人でも参入しやすいところなど、特徴は様々です。

 

そのため、どのようなネットショップを作るかをまずはっきりさせて、それに合っているところを探すのが基本です。

 

それぞれのサービスを使って作られたネットショップをチェックして、デザインや傾向などを参考にするのも効果的です。

無料ブログでネットショップを作るやり方もある

ネットショップ開業サービスが普及したこともあって、ネットショップ作りのハードルは下がっています。

 

一方で、無料ブログを利用してネットショップを作るケースも少数ながらあり、他の方法と比べると大幅にランニングコストを抑えられるのです。

 

無料ブログなら売れた時の手数料などの費用もかからないので、趣味の延長としてネットショップを開業する人にとってはよい選択肢です。

 

無料ブログの中には商用利用を禁止しているところもあり、どのブログで始めるかは非常に重要です。

 

規約に違反しているとアカウントが停止、削除される恐れもあるので、必ず確認しないといけません。

 

無料ブログを使ったネットショップの肝はどうやって注文するかで、大きく3つの方法に分けられます。

 

1つ目はメールアドレスや電話番号を載せておくやり方で、これならショッピングカートも必要ありません。

 

商品が欲しいと思った人はメールなり電話なりで連絡をとり、それから銀行振込などで支払います。

 

昔はこのような形態のネットショップはよくありましたが、現在ではあまり見られません。

 

2つ目はフォームを使った注文で、こちらは用意されている欄に名前やメールアドレス、注文の品などを入力するものです。

 

フォームは指示されたものを記載するだけでよいので、メールと比べると分かりやすい形式です。

 

3つ目はショッピングカートをレンタルするやり方で、これが最もスタンダードな方法です。

 

ショッピングカートを用意しておけばインターネット上でダイレクトに決済できるので、クレジットカードを使う人にとっては非常に便利です。

 

無料のショッピングカートもあるものの、ここはなるべく有料の信頼できるものを選ぶとよいでしょう。

 

無料ブログで成果を出している人もいるものの、独自ドメインのネットショップと比べると集客力ではどうしても劣ります。

 

ただ、ネットショップ運営がどのようなものかを体験したい場合は、無料ブログも有用です。

ネットショップの開業と、実店舗の開業の比較

オンラインショップでの買い物

 

ネットショップには幾つもメリットがあります。

 

まず、実店舗を持っての営業と比べると格段に初期投資の費用が抑えられる点は見逃せません。

 

実店舗を持つなら建物を借りる、もしくは取得するところから始まり、内装や外装なども整える必要があります。

 

どこに店を出すかによっても費用は変わってくるものの、数百万円くらいはかかると考えておくのがよいでしょう。

 

それだけの費用を捻出するのは非常に厳しく、実店舗の経営は非常にリスクが高いのです。

 

ネットショップを作るためにも費用はかかるのですが、実店舗と比べれば非常に安く済みます。

 

レンタルサーバーと契約し、ホームページを作るためには一定のお金はかかるものの、そこまで高額ではありません。

 

デザインに関して自信があり、ホームページを自分で作るならレンタルサーバーや独自ドメインの代金だけで済むのですが、基本的にはホームページ作成はプロに任せる方が無難です。

 

ホームページを作成して、更新のみ自分でする環境が整えば、月々のレンタルサーバー代や独自ドメインの更新にかかるお金だけで運営していけます。

 

ネットショップでは余計な出費が必要ないので、より余裕を持って商品の仕入れもできるのです。

 

また、実店舗と違ってネットショップは24時間いつでも買い物ができるという魅力もあります。

 

土日祝に関しては発送や問い合わせに対応していないところも多いものの、それでも注文だけなら時間帯を問いません。

 

実店舗だと生活スタイルによっては店に訪れられないといったケースが多く起こるのですが、ネットショップではそれがありません。

 

また、住んでいるところも関係ないので、ショップが魅力的なら多くのお客様がアクセスしてくれるでしょう。

 

実店舗を出したいと思っても、ノウハウが分からずに苦労するケースは珍しくはありませんが、ネットショップならノウハウを探すのも容易です。

 

始め方など、ネットショップのノウハウはインターネットで調べればすぐに見つけられます。

ネットショップで扱う商品の仕入れをどうするか

ネットショップを開業するなら、商品を用意する必要があります。

 

仕事で仕入れに関わっていた人ならともかく、そうでないなら何をどうすればよいか分からない人も多いでしょう。

 

対応策は幾つかあり、1つ目の方法はそもそも既存の商品を諦めて、オリジナル商品を販売するものです。

 

実際、自作の雑貨などを販売しているネットショップは多く、オーダーメイドの注文を受けるという方法もあります。

 

2つ目はメーカーから仕入れをする方法ですが、全く伝手がない場合にはなかなか困難です。

 

断られることも十分に考えられるものの、メールなり電話なりでメーカーの方に連絡を取るしかありません。

 

まだネットショップができあがっていないならメーカーの方も判断に困るので、実績を作ってから連絡を入れるのも手です。

 

3つ目は問屋から仕入れる方法ですが、問屋の多くは会員制を採用していて、会員になるためには書類審査などがあります。

 

形態、実績以外にコミュニケーション能力も問われるハードルが高い方法ではあるものの、無事に会員として認められれば仕入れの面では非常に有利です。

 

4つ目はインターネット上の仕入れサイトを利用する方法で、こちらは企業間取引に当たります。

 

そのため、このようなサービスに入会できるのは法人、個人事業者に限られているものの、ネットショップを開業するなら非常にスタンダードな仕入れ方法です。

 

仕入れサイトを利用しない場合でも、卸価格を確認するために使えるので登録して損はありません。

 

5つ目はドロップシッピングを利用する方法で、商品を販売しますが仕入れはそもそも行いません。

 

ドロップシッピングは注文があればメーカーなり卸売業者から商品が発送される形態で、仲介業者のようなものです。

 

この5つがよくある仕入れの方法ですが、他にもインターネットオークションを利用する、海外から仕入れるケースもあります。

 

仕入れが不要なネットショップにするか、仕入れが必要ならどのルートにするか、これは非常に重要なポイントです。

ネットショップで扱う場合に許可や届け出が必要なもの

ネットショップで扱う商品によっては、許可を取る必要があります。

 

許可が必要なものは大きく食品、お酒、ペット、中古品の4つに分けられ、それぞれ管轄しているところが違うのです。

 

食品は許可の有無が分かりづらいものの、手作りの商品は種類に関わらず許可を取る必要があります。

 

魚介類は生鮮のままであろうと、干物や燻製のように加工したものであろうと許可が必須です。

 

チーズや牛乳などの乳製品も許可が必要で、さらにアイスクリームなど許可は不要でも届け出は出す必要があるものもあります。

 

農作物、スナック菓子などは許可も届け出も不要ですが、いずれにせよ許可や届け出が必要か不要かを判断するのは非常に難しいものになります。

 

食品を扱う場合に関わってくるのは食品衛生責任者の免許、食品衛生法に基づく営業許可で、こちらは保健所の管轄です。

 

そのため、食品を扱うならまず保健所に相談して、許可や届け出の有無を確認するのがよいでしょう。

 

お酒を販売する場合にも許可が必要で、厳密にはアルコールが1度以上のものを扱うなら一般酒類小売業の免許が求められます。

 

お酒として売られているものは当然として、みりんも一般酒類小売業の免許が必要な商品です。

 

一般酒類小売業の免許の管轄は国税庁なので、疑問点がある場合には税務署に相談してください。

 

ペットを販売する場合には保健所に許可を取る必要があり、犬や猫といった哺乳類、それに爬虫類や鳥類が対象です。

 

逆に熱帯魚をはじめとした魚類、カブトムシといった昆虫、それにペット用の餌に関しては許可が不要です。

 

中古品は本、CD、衣類などあらゆるものが対象で、チケットや金券といったものも中古品にあたります。

 

中古品を扱うなら古物商許可証が必須で、こちらは警察署に書類を提出すれば取得できるのです。

 

許可、届け出が必要なものは多く、扱う商品は許可や届け出が必要なものなのか、ネットショップを開業する前に必ず調べておきたいところです。

page top