モビット審査深夜

モビットの深夜の審査について

モビットは携帯やスマホ、パソコンによって、24時間、深夜であっても申し込みや仮審査は可能です。
ただし仮審査の後には本審査が行われ、その結果については電話連絡が入ります。
この本審査と電話連絡に関しては原則として営業時間内ということになりますので、少なくとも午前9時以降となると考えてよいでしょう。

 

夜であっても21時まではフリーダイヤルによる受付が行われています。
携帯やスマホ、パソコンによって申し込みを完了させた後フリーダイヤルでコールセンターへ連絡を入れると、すぐに本審査は行われます。
審査に通ったとしても、融資実行は次の日の早い時間ということになりますので、当日中の融資は難しいと考えられます。
どうしても当日中のキャッシングが必要であれば、20時までに審査を終わらせ、自動契約機に赴く必要があります。

 

自動契約機は21時まであいていますので、そちらでカードを発行してもらいましょう。
その場でのキャッシングも出来ますし、カードがあれば提携ATMからキャッシング利用をすることも出来ます。
またモビットにはウェブ完結の申し込み方法があります。
モビットの定める申し込める条件を満たしていれば、銀行振込キャッシングであっても、14時半を超えた申し込みで即日融資は可能です。
条件は三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていることと、全国健康保険協会発行の保険証もしくは組合保険証を持っていることになります。

 

ただしウェブ完結であっても、21時までに審査が終わらなければなりません。
そういう事であればモビットで深夜に申込むメリットがないじゃないかという考えに至りそうですが、そうでもありません。
深夜のうちに申し込みだけでも完了させておく、次の日の早い段階で審査が始まります。
それによってスムーズなキャッシングができますので、モビットにおいては「深夜に行ってもムダ」ということは決してありません。

 

また予め本人確認書類や、提示を求められる場合を想定して収入を証明する給与明細書や源泉徴収票などは用意しておきましょう。
深夜にバタバタしてしまうと、どうしても気分的に余裕がなくなります。
そういう事を避けるためにも、モビットでカードだけでも作っておくと、大変便利です。
キャッシング枠を貰っても、すぐにキャッシングしなければならないということはありません。
カードを作っても年会費は必要ありませんし、キャッシングを行わない限り利息も発生しません。
いざという時にはコンビニの提携ATMで24時間キャッシングすることが出来ます。